おまとめローンを利用する際、会社への在籍確認の電話連絡を阻止したいときは?

おまとめローンを利用する際、本当に本人が記載されている会社で働いているかどうかを確認する為に、会社の電話に業者が電話をかけ、在籍確認をされることがほとんどです。
しかしこの在籍確認は、第三者に借入をすることがばれないように、業者名は名乗らず、在籍しているかどうかだけを尋ねられます。
その電話連絡がきた時に自分が出なくも良いので、いつ電話が来るか分からないから仕事が捗らないということはありません。

しかし、借入をすることを勘づかれることも避けたい場合、会社への在籍確認の電話はして欲しくないという場合があるでしょう。
そういった場合は、在籍確認の電話連絡なしで、おまとめローンを利用できる消費者金融を探す必要があります。

数は少ないものの、会社への電話連絡をせずに在籍確認をして、おまとめローンを利用できるという業者があります。
そういった業者では、在籍確認のために書類の提示を求めています。
例えば会社の名前が書いてある健康保険証や社員証や給料明細などです。
スマートフォンなどで写真を撮り、送るだけという簡単なものである場合が多いのですが、写真を送る時に気をつけなければならないことがあります。
写真は鮮明に、ピントをしっかりと合わせ、文字がぶれたり歪んだりしないようにしっかりと撮して送るようにしましょう。

嘘の申告はとっても危険!カードローン申し込みで嘘をつくと逮捕されるって本当!?

カードローン申し込み「ほんの少しの嘘なら大丈夫」その軽率さが大変な事態を招くかも!?
「カードローンの審査に落ちてしまったら困る!」「お金が借りられないと困る!」即日融資などを含めてカードローンのお金を借入したいと考えている人のほとんどは、そう考えるのではないでしょうか。
しかし、そんな時、カードローンの申し込み用紙を前に、自分の立場を有利にするために、例えば「収入は少し多めに書いておいた方が審査に通りやすいかも?」「ほんの少しの嘘なら大丈夫なのでは?」そう考えて、虚偽の申告をすることは絶対にしてはならないことです。
カードローンの申し込みの際の嘘の申告は、必ずバレてしまうと考えて間違いありません。
しかし、仮に「嘘の申告でも通ったではないか!」そのようなことがあったとしても、後で大変な事態になるということを心に留めておくことです。
まず、カードローンの申し込みを行う場合、必ずどの金融機関でも利用規約を定めています。
金融機関は、利用者が申し込みと同時に、この利用規約に承諾したものとして申し込みから審査へと取り扱いを開始するのです。
急いでお金を用立てようとしていると見落としてしまうかもしれませんが、ほとんどの金融機関の規約には、「私(利用者)は嘘の申告をしない」といった内容が記載されています。
利用者が、規約に承諾をして申し込みを行うということは、規約にある「記入事項に嘘はありません」「嘘の申告があった場合には貴社の出す条件に従います」という事項にも承諾しているということです。
ですから、審査の際に嘘がバレた場合、「背信行為」として強制解約になり、個人信用情報にも背信行為が登録されることを覚悟しておきましょう。
また、仮に虚偽の申し込みで審査に通過した場合には、各金融機関が定める指示に従い、全額一括返済等はもとより、詐欺罪等の罪に問われることも考えねばなりません。
また、先に記したように、各金融機関はカードローンの希望者から申し込みが合った場合、必ず申込者の個人信用情報を確認しているということを把握しておかなければなりません。
個人信用情報には、住所、氏名、生年月日、勤務先等の「本人を特定するための情報」、内契約の種類や貸付金額等の「契約内容に関する情報」、入金日、残高、完済日、延滞等の「返済状況に関する情報」、債務整理等の「取引事実に関する情報」、盗難や書類の紛失など「本人が申告した情報」など金融取引に関するあらゆる情報が詳細に登録されているのです。
ですから、カードローンの申し込み時には、絶対に嘘の申告はしないよう注意しましょう。

カードローンの申し込みで嘘の申告をしたら、どんな罪に問われる?
上記のようにカードローンの申し込みで申告に嘘があったと発覚した場合、個人信用情報にそのことが登録され、各金融機関の利用規定に従って契約解消やその他の措置が取られることになるでしょう。
個人信用情報に「この人は嘘をつく人物です」とわかるような情報が記録されるということは、信用を無くすということです。
金融取引は信用の上に成り立つものですから、その後、お金を貸してくれる金融機関はなくなるといっても過言ではありません。
「ほんの少しの嘘なら大丈夫だろう」そんな気持ちの甘さから、前科がついてしまうような大変な事態を引き起こしてしまうこともあるのです。
例えば、「貸金業法の総量規制を考慮して、年収を多めに記入した」「働いていないと融資が受けられないので、架空の会社で申し込みをした」「期限切れの保険証に細工をしてコピーを提出した」など。
これらは、「詐欺罪」や「公文書偽造罪」の罪に値します。
詐欺罪なら10年以下の懲役、公文書偽造罪であれば、1年以上10年以下の懲役になるのです。
上記に示した例は、ほんの一部にすぎませんが「ほんの少しの出来心」で思ってもいないような大変な事態を招いてしまうこともあります。
カードローンの申し込みには、必ず嘘偽りない申し込み書類を提出するということを心に留めておきましょう。

カードローンの契約で必要になるもの

カードローンの契約で必ず必要になるのは、免許証、パスポート、健康保険証などの身分証明書です。
銀行カードローンの場合には、金融機関によっては収入証明書も求められます。
収入証明書は必ず求められるケースもあれば、「100万円以上の借入をする場合」などという条件つきで求められることもあります。
消費者金融の場合には、50万円を超える借入をするケースもしくは貸金業者からの借入の総額が100万円を超えるケースで収入証明書の提出が必要になります。

カードローンの契約では、事務手数料などは発生しません。
カードローンの金利は、実質年利で表記するという決まりがあるため、基本的には金利以外のコストがかかることはありません。
カードを再発行する場合などには、再発行手数料がかかることがあります。

カードローンはWEB契約が結べるところも増えており、契約書を郵送でやり取りする必要すらないこともあります。
WEB契約の場合には、インターネットから契約書をダウンロードすることになっていますので、必ず内容を確認しておきましょう。
また、カードローンは借金を完済しても自動的に解約がされないため、自分から解約を申し出る必要があります。
枠を持っているだけでもローン審査などに影響するので、利用をしなくなったら忘れずに解約をするようにしましょう。

カードローンならアイフルがおすすめです。申し込みまえにアイフルの評判を調べてみましょう。

日曜日でも即日融資が受けられるのか

急に日曜日などの休みの日に、レジャーや弔事などのお付き合いのことでお金が必要になることがあります。
休みの日であってもカードローンに申し込み、即日融資を受けることが可能です。

ただし、銀行系や信販系のカードローンの場合は、ほとんどの金融機関では日曜日はインターネットからの申し込みの受付はできても、営業時間外で審査が行われないので、当日中の融資は難しいと予想されます。
消費者金融であれば、インターネットや自動の契約機から申し込みができますし、休日中の審査にも対応しているため安心して手続きができるでしょう。
ATMからの借入に必要なローンカードも契約機から発行できます。
土曜日や日曜日などの場合は、契約機の稼働時間が短縮されたり、休みの人が多く、申し込みが混み合ったりしますので、できるだけ午前中までには申し込みを済ませるといいでしょう。

消費者金融のカードローンの審査では、原則として在籍確認が行われます。
日曜日が定休日の場合は、出社している人がいないので、在籍確認は難しくなりますが、給与明細や社名が記載されている保険証を提出することで代替とすることも可能な場合があります。
一部で在籍確認なしで、カードレスで借入ができるカードローンもありますが、銀行が休みの日は振込キャッシングを依頼しても、入金が翌営業日以降になることがありますので注意しましょう。

おまとめローンで減額することができる

キャッシングやカードローンなどでローンを組んでいる場合、一つの会社だけからローンを組んでいる人もいれば、複数の会社からローンを組んでいる人もいます。
この場合、複数の会社からローンを組んでいるときにはあまりお得とは言えません。
なぜなら、お金が分散してしまうからです。
例えば、5つの会社から20万円ずつ借りた場合と1つの会社から100万円借りた場合では、合計金額は同じでも利息が異なります。
利息が異なるかというと、100万円以上の借入金の場合は、利息が低く設定されるよう法律で決まっているからです。
ですは、これは一つの会社から借りる場合であって、複数の会社に分散して合計の金額が100万円であっても意味がありません。

そこで利用したいのがおまとめローンになります。
おまとめローンは複数のローンを一つにまとめることですので、利息を減額することになります。
結果的に支払う額が減額されますので、まとめローンは得ということです。

しかしながら、いくら減額をしたくておまとめローンをお願いしても、必ず審査に通るとは限りません。
そこで、できるだけ審査に通りやすいように、条件を整えることが必要になります。
年収を増やしておくなり、その方法はたくさんあります。

おまとめローンのメリットとデメリット

おまとめローンとは、多重債務に陥っている時に、一か所から借り受けてその他の借金をすべて返済することを言います。
最近はキャッシングやカードローンなど、簡単で手軽にお金の融資が受けられて、つい借り過ぎてしまう人が増えているのです。
しかも返済が厳しくなると、別のカードローンを作って借金のための借金をしてしまい、多重債務に陥ってしまいます。

借り先によって返済日は異なっていて、多重債務に陥るとどこまで返済したかが分からなくなってしまう場合があります。
しかも金利が高いと総合的な返済額が増えるので、少しでも減らした方がいいのです。
そこでおまとめローンを活用するのが良く、金利を下げることができれば、返済額も少なくなります。
おまとめローンとは多重債務をしている人にとってはありがたいシステムで、銀行や銀行系の消費者金融でこういった商品が多く取り扱われているので、チェックしてみてください。

おまとめローンとはうまく活用すると今現在陥っている借金を少なくすることができますが、それには金利の確認が重要です。
今借りているところよりも金利が低くなる場合は、利用してみるのがおすすめです。
借金の総額を減らすのが大切になります。

派遣社員でもカードローンは使うことができる

派遣労働者というと非正規雇用として採用されているため、社会的信用度が低くローンを組むのに躊躇している方もいますが。
カードローンで求められているのは定期的な収入であり、正規雇用かどうかはあまり関係ありませんから、派遣社員の方も使いたくなったら遠慮せずにカードローンを使ってみましょう。
カードローンは派遣社員の方が審査を受けても通るサービスも多く、大手消費者金融系で上限額が低く設定してあるローンならほぼ通ると考えても良いでしょう。
もちろん収入が高い人向けのローンや信用度の低いローンを使おうとしても無理なケースが多いですが、自分の身の丈にあったローンを使うことで便利にカードローンを使っていけます。
普段なかなか資金が無くて遊ぶことが出来なかった方も、月末になると少しだけ生活費が足りなくなってしまう方も、ローンを使うことで派遣社員でも融資をしてもらえますので、この便利なサービスを活用しましょう。
カードローンで借りたお金は債務ですが、分割して利息をしっかり払えば長期的に返済していけるので、毎月の給料から少しずつカードローンの債務を返済していくという使い方があります。
派遣社員の方でも審査は通りますからまずは試しましょう。

即日融資のサービスの活用法

10万円程度のお金が緊急に必要になったときには、消費者金融などのキャッシングのサービスが役立ちます。
インターネットで申し込みが完了するサービスであれば、仕事で忙しい人でもスムーズに融資が受けられます。
しかし業者によっては審査に時間が必要な場合もあるので、大阪に住んでいる人であれば、直接店頭で申し込むのが効率的です。
大阪市内の主要な駅の近くには消費者金融の店舗が数多くあるので、相談しながらスムーズに即日融資の手続きも進められます。
またロードサイドにある無人店舗を活用して、即日融資のサービスを気軽に利用することも可能です。
カードローンの金利は18パーセントが一般的ですが、情報サイトで更に低金利で即日融資のサービスが利用可能な業者も見つけられます。
特に銀行系のサービスの場合には、融資条件によっては、10パーセント以下の低金利でサービスが利用できます。
主要な銀行の店舗が数多くある大阪のメリットを活かして、より良い融資条件のサービスを選ぶのが理想的です。
安定した正社員であれば審査は簡単ですが、パートやアルバイトであっても、毎月一定額の収入がある場合には審査がスムーズです。
必要な金額を借りて、計画的に返済を進めるのが、上手にカードローンを利用するポイントです。

おまとめローンで成功を体験するには

複数のローンを一本化するおまとめローンは、多重債務や借金に悩みを抱える人の注目を集め、多くの人が成功体験をしています。
支払いが一元管理できるほか、金利の低い金融機関への借り換えが成功すれば、支払い総額を大幅に削減できる場合があり、月々の返済負担を軽減したり、早めに借金を完済することも可能になります。

おまとめローンは消費者金融系、銀行系の金融機関が取り扱っています。
中にはおまとめローン専用の商品もあり、利用しやすくなっています。
おまとめローンで支払額が安くなる場合がありますが、注意が必要なのは貸し倒れリスクが高いと判断されると高い金利で契約させられるケースです。
支払いの見積もりを立て、有利な借り換えだと判断できた場合にのみ、おまとめローンを利用しましょう。

ネット上では、返済期間を大幅に短くなり全額返済できた、月々の支払い額が減り苦しかった生活が少し楽になった、などの体験が報告されています。

消費者金融系のおまとめローンは比較的審査が緩めで、申請すれば即日認証も可能です。
融資額は総量規制で年収の3分の1以上は借りられない場合がるため少額の借金が複数ある人、審査に不安のある人におすすめです。

銀行系のおまとめローンは審査は厳しいですが、融資可能額が大きいのがメリットで、体験できる借り換え効果も高いようです。

ネット完結で即日融資を受けられるキャッシングを選ぶ

お金を今日中に用意するべき問題を抱えているときには、即日融資を受けられるキャッシングを使うことがおすすめです。
キャッシングは多くの消費者金融がサービスを提供しており、それぞれの業者ごとに行っているサービスの内容が違います。
全ての消費者金融のキャッシングが即日融資に対応しているわけではないので、すぐに資金が必要なときには審査が素早く行われる業者に申込みをすることが大切です。
審査を早く完了してくれる業者は知名度の高い人気の消費者金融が多く、最短の業者ならば30分ほどの時間で審査の結果を通知してくれます。
ネット上からの申込みも可能ですので、近くに店舗や自動契約機が無い場所からでも手軽にスマートフォンなどを使って借り入れの手続きを済ませることが可能です。
ネット完結ができる業者ならば、カードの申込みをする必要がなくなり、業者のホームページにアクセスをして利用者の個人情報などを入力して送信すれば、借り入れの手続きができます。
審査結果については、メールや電話で連絡してくれるので来店する必要はありません。
書類の提出もメールに画像を添付して送信することで完了できます。
そのために、書類を店舗まで持ち込むことはしなくても良いですし、郵送する手間をかけずに契約を締結できます。
ネット完結で即日融資を受けるには、平日の15時までに手続きを完了することが条件になっている場合があります。

カードローンの繰り上げ返済

カードローンの繰上げ返済をしたという経験がある人も多いのではないでしょうか。
カードローンがこれだけ身近なものになってきた現代社会においては、利用者の数も急増しています。

繰上げ返済といえば、住宅ローンなどを真っ先に思い浮かべるという人も多いかもしれません。
当初の返済計画よりも早く完済が実現することになりますので、魅力的といえるでしょう。
全体の返済額も少なくなりますので、利用者にとっての優位性にもつながることになります。
とはいえ、繰上げ返済を実現させるためには、資金があることが前提です。
カードローンを提供する金融機関の担当者に繰上げ返済をする旨の内容を告げると共に、その具体的な金額について聞くことが必要になります。

繰上げ返済を受ける金融機関にとっても、繰上げ返済を歓迎するケースも多くあります。
利息や手数料収入が減るという見方をする人もいますが、債務整理や自己破産、民事再生手続きなどのリスクを回避することにもつながります。
繰上げ返済をする場合には、通常の支払い方法とは異なる方法になることも往々にしてありますので注意が必要です。
いつもは、指定口座からの引き落としとなっている場合でも、繰上げ返済の場合には銀行口座に振込を要求されることがあります。