最近では、三流大学に行くより、就職に有利と言われる専門学校を希望する人が増えていますが、専門学校に入学するのに必要なお金はどの程度掛かるのでしょう?例えば、大学の場合には、平均これくらいというのが概算で出ていますが、専門学校の場合は、そういう基準がありません。専門学校入学に掛かる費用は、大学や短大などと同じで、入学金・授業料・寄付金・その他、積立や実費などで、入学金に関しては、それ程学校による差はないようで、大学などと同様、おおよそ20〜30万円程度が主流のようです。ですが、専門学校の場合、授業料と各種実費などが、学部や授業内容によって大きく変わってきます。専門学校には、様々な種類があり、声優や俳優のような芸能系もあれば、漫画やアニメ制作分野もあれば、調理系の学校もあれば、英語などの言語系もあれば、プログラマーやクリエイターを目指すIT系もあれば、ファッション系・音楽系・看護系・美容系・福祉系と、本当に多種多様な学部が用意されています。そして、それらの学部の殆どは、卒業後すぐに仕事に就けること、もしくは、就職に必要となる資格の取得を目的としているのです。大学のように理論だけを学ぶのではなく、実践で役立つ技能を身につける必要がありますから、それぞれの学部では頻繁に実習的なものが行われ、年間いくつもの資格受験をする学校も少なくありません。当然ですが、その実習に必要な用品を入学時に購入して揃えなければなりませんし、資格試験のたびに受験料も掛かりますので、一概に平均値も出せないのです。